つなぎ融資を発生させないために



つなぎ融資を発生させないために

つなぎ融資には無駄な利息と手数料・手間が発生します。

ですから計画的な住宅ローンによって、つなぎ融資を発生させない工夫をしたいものです。

つなぎ融資を発生させない工夫をしてみましょう。
例えば・・

●早めの住宅ローン
なるべく早めに融資を実行できるように計画しましょう。

早めに住宅ローンを申込み、契約してしまうことによってそうします。
審査の承認がおりるまでの日数を計算し、余裕のあるローンを組むということです。

●融資実行日を確認する
金融機関によって、融資が実行される日が決まっています。

ですから、住宅ローンの審査に通っていても、融資が実行される日の間の時間ができてしまうと
つなぎ資金が必要になるということです。

ですから、融資実行日が月に複数ある金融機関を選ぶのが安心です。

●住宅引き渡し日の設定
融資の実行される日と、住宅支払いの日が確実に重なるように住宅引き渡し日の設定をします。

戻る



© 2012 住宅ローンのつなぎ融資